当社は早くて環境にやさしい破砕処理を採用 大阪神戸 機密文書廃棄処理サービス BPO文書電シカ株式会社 1940年創業の紙卸商社 丸楽グループ

お電話でのお問合せ、歓迎いたします。tel:06-6762-5291 受付:平日8:30~17:30
日本印刷個人情報保護体制認定制度 JPPS
会社概要
電話受付
メールお問い合わせ

よくいただくご質問

重要な文書を外部へ預けることに対し、慎重・ご不安に感じられると思います。
弊社はJPPS(印刷業者と印刷関連業者を対象とした、個人情報保護体制の認定制度)を取得し、入退出管理や監視カメラ等により万全の体制をもって文書をお預かりしています。
機密保持契約も締結させていただきますので、どうぞご安心してお任せください。

現在キャンペーンを実施中です。
まずは1箱お試しいただき、検討していただければと思います。
キャンペーンについてはコチラをご覧ください。

当サービスの契約書はもちろん、『秘密保持契約書』などをご用意しております。

専門の業務用破砕機で破砕処理をする事により情報の非再現性を保証いたします。

メールに添付し送信させていただきます。必要であれば書面として出力しお届けいたします。

大阪にある弊社の施設になります。セキュリティの観点から場所は非公開とさせていただいています。

お持ちの書類の内容・量を確認してください。
例)
・キャビネットで○○段分
・文書保管箱で○○箱分
・2穴バインダーで○○冊分
など、どんな種類の文書が有るかを確認するところから始めて下さい。
お問い合わせの際にご相談いただければ、丁寧にご説明させていただきます。

書類を梱包いただく段ボール箱は、当方で準備することが可能です。
また、お客様の方でご用意いただいても問題ありません。
段ボール箱のサイズは120サイズ(W350×L450×H450mm)迄で、重量は1箱20kg迄でお願いいたします。

何箱でもご対応させていただきます。
量によっては何度かに分けて回収させていただく場合がございます。

梱包代行や書類の仕分けをさせていただくサービスもございます。
どのような種類で書類棚がいくつ有る等をお伝え頂けましたら、 ご依頼前のご相談時に現場確認のうえ、御見積させていただきます。

そのまま入れていただいても問題ありません。
弊社にて取り外したうえで破砕処理・電子化を行います。(仕分代行オプション)
予めお客様側で取り外して頂くことで、コストを抑えられる可能性があります。
電子化のみのご依頼で書類をご返却させていただく際は、取り外した状態でのご返却となります。

地域限定の密着したサービスの為、大阪市や神戸市などの阪神間を対象としております。
詳しくはご対応エリアをご確認ください。

弊社のトラックが回収に伺わさせていただきます。

機密文書電子化の知識を持った営業担当がご相談に伺わせていただきます。
機密文書の回収作業においては、専門の配送スタップが伺わせていただきます。

平日の8:30~17:30で対応をさせていただいております。
日時や時間帯などは打ち合わせの際にご希望をお伺いさせていただきます。

申し訳ございませんが、お持ち込みへのご対応は致しておりません。
弊社のトラックが回収に伺わさせていただきます。

電子化とは、書類や文書などの紙の媒体をスキャンし、コンピューターで使えるデジタルデータ(PDFやCSV)にすることです。
弊社の電子化サービスではお預かりした書類をPDFデータにさせていただきます。

小さすぎるものや大きすぎるものは電子化することができません。
弊社の電子化サービスは名刺サイズからA3(420×297mm)迄のサイズに対応しています。
対応サイズ内でしたら、サイズは混在していても大丈夫です。

弊社の電子化サービスではPDF形式で納品させていただきます。

通常スキャンではスキャン日時情報、又は通しナンバーとなります。
オプションにファイル名変更サービスがございますので、ご指定がある場合はお申し付けください。
例えば、フォルダやバインダ-にタイトルがある場合はそのタイトル。
タイトルが無い場合は1枚目の資料名の様な形です。
情報共有や検索のしやすさに配慮したファイル名規則などについては、 ご依頼前のご相談時にも詳しくヒアリングさせていただき最適なご提案をさせていただきます。

ファイル名変更サービスの一部として対応いたします。ご相談時に詳しくヒアリングさせていただきます。

パンチ穴、日焼け、黄ばみ、折れ、紙の劣化等、多少状態が悪くても電子化可能です。
ご心配な場合は、ご依頼前のご相談時に実物をご確認させていただければ電子化可能かお伝えさせていただきます。

OCR(Optical Character Recognition/Reader、オーシーアール、光学的文字認識)は、書類の文字を読み取り、コンピューターで利用できる文字情報をデータに付与する技術です。
OCR処理を行うことにより、データ内の文字や単語を検索することができるようになります。

複合機などの読み取り解像度は600dpiで設定されている事が多いですが、300dpiを超えると人間の目ではほとんど違いが分からないため、十分キレイに表現されます。
拡大表示する必要等が無い限りファイルサイズも含め適当な解像度です。

ご対応可能です。 お気軽にご相談ください。

目的やご予算から、決めることをお勧めします。
電子化の効果が高い書類(共有性が高い、閲覧頻度が高い等)のみ行うのも良いのではないかと思います。
お問い合わせの際にご相談いただければ、丁寧にご説明させていただきます。

現在キャンペーンを実施中です。
1箱分の破砕と電子化を無料でお試しいただくことが出来ますので、こちらをお使いいただき電子化の実施を検討していただければと思います。
キャンペーンについてはコチラをご覧ください。

文書の量をお伝えいただければ、概算のお見積もりを提示することは可能です。
正確なお見積りは確認の上、改めて提出させていただきます。

ホチキス・クリップ・付箋等を外す下準備を予めお客様側で実施頂くことで、コストを抑えられる可能性があります。

請求書発行の翌月末までの銀行振り込みをお願いいたします。
請求書は機密文書の電子化や破砕廃棄処理完了後に発行させていただきます。
お振込みの際の手数料については、お客様の負担でお願いいたします。